賃貸を斬る!こだわり条件収納スペース。レンタルオフィス<

賃貸物件の押入れ

押入れとは日本の住宅や和室において寝具・衣類・道具などを収納するための空間です。
大抵は四方のうち三方が壁で一方を襖(ふすま)で仕切ってあり、そこから荷物を出し入れします。

ほぼ部屋の一方の壁全体をその入り口にするつくりとなっています。
(wikipediaより抜粋)

なんだか難しい表現をしていますが、とにかくふすまで仕切られた荷物を入れておくためのスペースを押入れと呼ぶということです。

最近は和テイストの家より洋風な家のほうが多いですので、押入れよりはクローゼットと呼ぶことのほうが多くなりました。

賃貸物件であっても部屋をすっきり片付けるには必ず必要なスペースですので、できるだけ押入れが大きい物件を選ぶと便利です。

自分の家や部屋が必要になったときは賃貸物件

自分の家や部屋が必要になったときは、賃貸物件を探してみてはいかがですか。

賃貸の場合、月々の家賃を支払うだけで、面倒な手続きも少なく、住みたい場所にいつでも移動ができるので頻繁に移動がある人にはおすすめです。

住宅を購入することと比べると初期費用の負担が少なく、金利の変動による支払額の変化が少ないこともメリットです。

賃貸を選ぶときに重要視するところはどこですか?場所や家賃、間取りや建物の種類など、人それぞれ優先順位も違いますし、使用用途も異なります。

インターネットで希望条件を検索すると、自分の好みにあった賃貸物件が見つけやすいのではないでしょうか。

収入を証明する書類が必要な賃貸契約

貸主の立場に立って考えると、賃貸物件に入居を希望する人に物件を貸し出すのであれば、その人が本当に支払いを滞る事なく、無事に毎月の家賃を支払ってくれるかどうか、という事が気になりますね。

そこで、賃貸契約において収入を証明する書類が必要としている物件もある様です。証明があっても退職するなどという可能性も考えられますが、これまでに仕事をして収入を得ているという事が分かります。会社で働いている人であれば、確定申告をする時に使用する事もある源泉徴収の書類を提示しないといけない事もあります。

そして、自営業として仕事をしている人であれば、確定申告における納税証明書などが求められる事もあります。

ページのトップへ戻る