賃貸を斬る!こだわり条件収納スペース。レンタルオフィス<

安全面が求められる公園施設と遊具

街中には様々な公園施設が見受けられる中、特に遊具の設置がある施設において、安全面への配慮が強く求められています。

子ども達が自由に遊べる遊具には、予測できない事故が発生してしまう可能性も否定できず、思わぬ場所での転倒や転落が、子ども達の将来を揺るがす大惨事に至ってしまうことがあります。事故の発生を避けるための安全面への徹底は、国で定められている基準も存在しており、施設管理会社や遊具の製造会社などによって配慮されています。

一方で、遊具を設置しない公園も増加しており、時代の流れと共に異なる利用方法が見受けられます。

さまざまな公園施設について

都心部でも田舎であっても、いたる場所に公園はあります。地域によっては植物などに力を入れている公園もありますし、大人が利用できるような遊具を導入している公園施設もあります。

大きさも大小さまざまで、料金などもかからないことから、利用する人も気軽に楽しむことができるでしょう。公園施設については安全性や美観を高めていくために、定期的に点検を行なっている人たちや、美観を整えるボランティア活動をおこなっている人たちもいます。このようなさまざまな人たちのおかげで、利用しやすい公園があることを忘れてはいけないでしょう。

公園施設製品安全管理士が安全を守っています

公園施設製品安全管理士は、公園の遊具や一般公演施設の設計、計画、製造、施工から修繕、点検まですべての段階の作業を管理技術者として法令、規準等に基づいて遂行し、管理、統括する能力を有する技術者の資格で、高度な技術と知識、経験が要求される仕事です。

公園施設製品安全管理士の資格をもっていれば、公園の点検や診断を実施して、管理統括が出来ると認めています。

遊具の修繕や定期点検業務などを国の認可の下行っている仕事です。認定者には免許が交付され、免許保有者のみが公園の保守点検業務を行う事が出来るようになっています。

遊具が数多く揃った公園施設を十分に楽しむ

遊具が数多く揃った公園は今では珍しい存在になりつつあります。

最近では安全基準が厳しくなってきていますので、遊具が少ない公園施設が増えています。公園施設については、年齢を問わず楽しむことができる場所で、お弁当などを持参のうえピクニックのような感覚で出かけることも可能でしょう。

遊具に関して言うと安全基準が設けられていますが、小さな子どもがいる場合には、十分に配慮しなければなりません。怪我がないようにしっかりと付き添ってあげるのは大人の役目でしょう。大人が付き添うことで小さな子どもも公園の施設を楽しむことができるでしょう。

公園施設における安全性への配慮

住宅街などに数多く点在している公園施設では、一般的に知られているブランコや滑り台、シーソー、ジャングルジムなどの遊具が設置されない施設も見受けられるようになりました。

子ども達が自由に遊べるものとして存在する反面、思わぬ事故の発生によって潜む危険性についても重要視されています。施設管理者や遊具の製造業者によって細やかな安全面への配慮が必要とされており、安心できる遊び場としての環境づくりが強く求められています。

近年に見られる公園の特徴として、人口芝生が整えられたり、ペットを連れた散歩などで賑わう傾向にあります。

公園施設に関する記事

ページのトップへ戻る