賃貸を斬る!こだわり条件収納スペース。レンタルオフィス<

遊具と公園施設の設置基準について

都市の公園や地域についての公園施設を設置する場合には、都市公園法の法律に基づいている設置基準に従わなくてはいけません。

この法律についての公園施設は、シーソーやジャングルジムなどの遊具施設や花壇、トイレなどを含めた設置物が該当基準になります。また、公園のなかでも大きな公園の場合には、駐車場や売店などの施設も含まれる事となります。

公園の施設における設置の基準については、施設の面積や種類が判断の基準とされています。都市公園法については、公園の施設の他にも管理や運用にかかる費用や管理、権限などの細かな基準があります。

公園施設製品安全管理士は選ばれた人間しかなれません

公園施設製品安全管理士は国家資格として認定されていて、公園の診断や点検を適正に行って管理や統括することができる、技術者資格として国が唯一認めている資格ですので、厳格な適正試験を合格した者のみが得ることが出来る資格となっています。

資格を得るには、高度な技術と知識、経験や管理能力が必要とされており、11年以上の実務経験と、とても難しい試験に合格し、講習を受けて両方ともを合格した者のみが得られる資格となっています。毎年多くの人が試験を受けていますが、合格するのはわずかな人間だけで、狭き門として知られている資格となっています。

夏休みも雨でも人気な公園施設

赤ちゃんだった子供が立ち上がり、やがて歩くようになると、アクティブな子なら毎日でも公園に行きたがります。晴れていても、雨でもです。特に梅雨は、連れ出しにくい天候も多く、困ってしまいます。そんな時には、屋内型の公園施設が行きやすくなります。

夏でもクーラーがかかっていて涼しく、外の公園に劣らず遊具があるので、幅広い年齢で楽しめます。公的な施設だと入場料も安く、一日いても飽きません。飲食できるスペースを設けていることもあるので、お弁当を持っていくこともできます。科学館に併設されていれば、遊びながら科学に触れられるチャンスを与えることができます。

公園施設に受けられる近年の傾向

公園施設の利用には様々なパターンが見受けられるようになりました。一般的に広く知られている滑り台やブランコ、ジャングルジムなどの遊具が設置されない施設も多く存在するようになり、人工芝や植林による整備が進められることで、広々とした場所が必要なスポーツが行われたり、ペットを連れた散歩などに利用されるようになっています。

遊具の設置については、安全面が強く求められる事柄でもあり、施設管理会社や遊具の製造会社によって徹底的に守られることが条件として挙げられます。子どもたちが安心して遊べる環境づくりが必要になっています。

安心できる遊具や公園施設を守るには

公園施設における安全対策が強く求められる現代の社会において、街中にはブランコや滑り台、ジャングルジムなどの遊具が設置されている公園が少なくなっている傾向が見受けられます。

遊具に伴う危険性は、自由に遊べる子ども達にとっても予測できないものであり、国によって基準が定められている他、施設管理者や遊具の製造会社による対策も徹底されています。その中でも発生しかねない事故は、些細な転倒や転落から引き起こされるケースも多く、子ども達の人生を左右する大惨事へと至ってしまう可能性も否定できません。安心して遊べる環境づくりが、子ども達の生活をも守られます。

公園施設に関する記事

ページのトップへ戻る